★外壁塗装の塗り直しは必要なの?!皆も知らない外壁塗装の基礎知識!★

近年、外壁塗装の塗り直しをする業者の数も全国的に増えてきています。ここでは外壁塗装の業界は何故伸びているのか、騙されないための基礎知識をご紹介しています。まずは外壁塗装の耐用年数ですが、一般的には10年と言われています。家を建てて10年というとかなり短いという感想を持つ人も多いのではないでしょうか。しかし現実には塗料の質から考えると今から約10年前に家を建てた場合の耐用年数は現実的には6~7年というところでしょう。塗料の質も近年大幅に向上しているため今家を建てる人は耐用年数15年程度に伸びると言われています。今の外壁塗装業界の伸びは昔の塗料の塗り替え時期がいっきに来ているためだと考えられます。ではここで何故外壁塗装の塗り直しが必要かというとそれは建物の寿命を延ばすためです。塗装のおかげで外壁の劣化を抑えることができるため塗装が古くなると直接外壁が痛み始めます。こうなると建物自体の寿命も短くなり建物の歪みから隙間風や屋根からの雨漏りの原因となってくるのでメンテナンスが必要となるのです。塗り替え時期の目安となる症状では外壁を触ると白い粉が手に付くチョーキング現象と呼ばれるものや外壁にひびが入るクラック現象、その他コケやカビの発生などがありますのでこれを参考にして自分でチェックしてください。まだ塗り替え時期が来ていない場合でも業者が営業に来る場合もありますのでまずは基礎知識として上記の情報を知っておくことが大切です。